漫録

哲学教師の日々の雑感です。

成功

古紙リサイクル成功。一度は諦めた数独パズルも完遂。

ウソ

ただ正直なだけでは政治家は務まらないのだろうが、有能であることは望まれる。バカみたいな嘘をつくというのは、それ自体、無能の表れではないだろうか。

5S運動

長年使ってきたシャープペンシルが行方不明。なるほど、学長がおっしゃるように、整理・整頓はたしかに大切だ。

知名度

昼食時、食堂で日野原重明先生の食生活を紹介しようとしたところ、その場にいた学生さんは二人とも日野原先生の名を知らないと言う。帰りの電車で一緒になった学生に聞いても、やはり日野原先生の名を知らなかった。ところが、日野原先生は鈴木大拙の主治医…

室温

研究室の室温、11時半現在で26度。カーテンを閉め切って帰宅したのが効果を上げた模様。

クールビズ

ノーネクタイが似合わないのを、いかにとやせん。

海の日

山の大学に、今年は海の日あり。

夏の楽しみ

暑いが、洗濯物がカラリと乾くのは快感。

歯のメンテナンス、異常なし。ただし、フッ素の塗り方、変化せり。

時間

今読んでいるウィリアムズの『神の存在証明と神の人格性についてのヘーゲル』が予想以上に正確で面白いので、引証されている研究書を入手しようと密林に行くと、絶版状態。出版年は1992年でまだ新しいじゃないかと憤慨したが、よく考えてみればこれは2…

再会②

夢に、亡き父を見る。

再会

マリア・カラスのCD、研究室にて発見さる。

詐欺?

電気料金未納の報せが届く。詐欺を疑い、問い合わせ先に電話してみたが、対応が自然で、当事者しか知らないようなこと(いつ電力会社を変えたのかなど)を知っていたので、信用する。世知辛い社会を渡っていくのに、せめて、自分がお人好しの部類に分類され…

映画

テレビで、『日本の一番長い日』のリメイク版を鑑賞。なかなかの秀作。前半はオリジナルを凌ぐかという出来栄えなるも、玉音盤をめぐる部分はオリジナルに及ばず。

温故

ヘーゲルを通って哲学の原点に近づくこと、当面の課題はこれ。

メニュー

夕食。アユの塩焼き、豆腐とわかめの味噌汁、オクラ納豆、キュウリの糠漬け、雑穀米。

食事方針②

気にし過ぎず、しかし、放逸に流れず。

食事方針

乳製品・肉類の多食の見直し、全粒粉パン・雑穀米による主食制度の復活を決定。あわせて、朝食における鶏卵2個を1個に戻す。

血液検査結果。コレステロール基準値を越え、中性脂肪値基準に満たず。糖質制限実験の中止を検討する。

風邪②

台風ニアミス。どうしようか少し迷ったが、駅でオロナミンcを飲み、37.1度の微熱を押して社会人コースの授業実施。で、帰宅後の体温、36.7度。やはり気持ちの張りも大事。

風邪

体温が38度を超えたので、解熱作用のある風邪薬を買ってきて、家で静養。

風邪静養中に読んだ貴志祐介『硝子のハンマー』は、後半が特に面白かった。

エージェント

マリア・カラスのCD紛失。脳内エージェントの不可測の行動か。ま、しかし、いくらなんでも捨ててはいないだろうから、そのうち出てくるでしょう。

体調

風邪気味。そんなに暑くもないのに就寝時にクーラーを入れてしまう気の緩みのせいか。

ヒューマン

銀行のATMで通帳記入しようとするも、機械が受け付けない。窓口に行って、「通帳記入したいんだけど、機械に拒否されて」と通帳を渡したところ、店員さんが申し訳なさそうに言った、「あの、他の銀行の通帳の記入は…」。間違いを指摘するのに申し訳なさげに…

会議日

リレー講義の担当分が終了したので、これから水曜日は会議だけ。

授業のあとさき

社会人コースの授業の後、無印良品のレストランで夕食をとっていると、隣でワインを飲んでいた見知らぬ老婦人から、「バランスよく食べられていいね」と声をかけられた。私のメニューは、声をかけたくなるほど感動的にバランスがよかったのだろうか。 写真は…

仏教

今日の「現代思想」の素材は親鸞と道元。我ながら思い切りました。

業務

小雨混じる曇り空のもと、オープンキャンパスに出仕。

観察

なんだかやる気が出てこないなあ、と自己観察。

三毒

怒っていい相手だと見るや、心のタガが外れ、怒りをコントロールできなくなくなる。秘書を罵倒する国会議員のニュースを見て、人間というものの弱さを自省する。

映画

劇場版『エヴァンゲリヲン』2,3を鑑賞。オカルト宗教の代用品といった印象。テレビ版のほうがいいと言う人もいるが、観る気起きず。

前野隆司『無意識の整え方』は面白かった。特に、「オブザベーション(観察)をするとき、仮説を持ち過ぎず、感覚を鋭敏にして、ただ受け入れ続けていると、いい発想にたどり着く」というデザイン・シンキングの考え方は、参考にしたい。

殺すなかれ

今日の社会人コースの講義主題は「十戒」。

映画

吉田修一原作、李相日監督の映画『怒り』鑑賞。傑作。坂本龍一の音楽もよい。

碁盤の目

夜で少々酔っていたとはいえ、13年も住んでいた京都で、西に進んでいるつもりが、南に下っていた。

学会

今日・明日は同志社でヘーゲル学会。

映画

授業のネタとして、映画『エヴァンゲリヲン 序』を鑑賞。戦闘シーンが生々しいところはいい。陰謀論好きは自我の脆弱性と相関しているような気がする。

青葉祭

今年の青葉祭は自宅で静養。

身体知

健康診断。血圧高めなれど、視力は左右とも1.5に復帰。ただ、1.5や1.2のあたりは、黒いシミのようなもののが見えていて、なんとなく上や左が白っぽいような気がするというところだったので、これは通常の視力とは別のものかもしれない。

アイデンティティ

作田先生の論文で言及されているフランスの社会学者ギュルヴィッチが、フィヒテ研究の古典『フィヒテの具体的倫理の体系』の著者グルヴィッチと同一人物であることが、フランスのウィキペディアで判明。

弘法大師行進曲

今日も高野山小学校は青葉祭の鼓笛行進の練習。毎年聞いているが、今年初めて最後の部分の歌詞の聞き取りに成功した。♫われらも負けずに励みましょう。

明日の授業準備に作田啓一『恥の文化再考』を33年ぶりに再読する。

読書の影響

ソフトバンクがグーグルからロボット開発会社を買収したという新聞記事をスクラップする。ひと月前ならスルーしていたと思う。

ビッグデータへの祈り

日立のビートウォッシュという洗濯器、購入してまだ数年だというのに、運転中にカタカタという音を出すようになった。インターネットで検索すると同様の苦情にヒットする。ネットにましますビッグデータよ、われらの声を日立に届けたまえ。

メニュー

夏の定番ラタトゥイユに変化をつけようとカレー粉を加えてみたら、カレー風味のラタトゥイユではなく、夏野菜たっぷりカレーになってしまった。カレー、畏るべし。

小林雅一『AIの衝撃ーー人工知能は人類の敵か』は非常に面白かった。本書で言及されているコンピュータが作曲したバッハ風の曲を聞いてみたいが、見つからない。

時代

授業資料運搬用のフラッシュメモリを大学に忘れ、近所のコンビニで代わりを購入。8ギガで980円。最初に買ったコンピュータのメモリーが12メガだったことが思い出される。

東洋思想

昨年非常勤先の授業で難しすぎるという反応だった教材(鈴木大拙のエッセイ)を「現代思想」の授業で使ってみたが、本学では意外に反応が良い。さすがは宗門大学というべきか。

演技

『シン・ゴジラ』のエンドロールの最後に大きく野村萬斎の名があるが、映画の中に彼の姿はない。変だと思って調べてみたら、なんと、ゴジラの役だった。