読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

漫録

哲学教師の日々の雑感です。

業務

和歌山人権研究会のための原稿執筆開始。テーマは、ドイツのヴァイツゼッカー大統領が演説で使った「Mitmensch 共にある人間」という概念。

前野隆司『脳はなぜ「心」を作ったのか』は大変面白かった。フィヒテの「像」の理論と接合できそうな気がする。

選曲

午前中は研究室で事務仕事。BGMは、ショスタコービチの交響曲第7番『レニングラード』。

夢の中の他者

教授会らしき会議で、 学長;「では、学科の名称も変えるということですか」 A准教授;「わたしはそれも厭わないということです」 わたし(さっきの発言はそんなことまで含意していたのか、と内心の声) ――という夢を見た。夢の中の他者の発言について、後か…

夕食

餃子の焼きに失敗する。

比喩

玉川大学は田園のようなキャンパス。同じ研修に参加した見知らぬ人は、「というより、『コロコロコミック』に出ていた『オボッチャマ君』の家みたいですね」と評していた。 『オボッチャマ君』の家は知らないが、言いたいことはよくわかるし斬新で、見事な表…

出張

来年に迫った教職課程の再認定に関する情報収集のため、東京出張。出張先は、薬師丸ひろ子氏の母校・玉川大学。

趣味

『カルメン』が好きだというのでDVDを貸した学生に感想を聞くと、イマイチだったらしく、「オペラはCDはいいけどDVDはダメだと聞きますけど、ほんとですね」と言っていた。なんだか嬉しい。

竹下節子『知の教科書 キリスト教』は雑学本としてなかなか面白い。ただ、誤植が多すぎ。エリウゲナをフランス語ではエリゲネスと言うと思い込むところだった。講談社の校正部は何をやっているのか。

寿司

会議で帰りが遅くなったので、夕食は久しぶりに回転寿司。炭水化物過多。

タイ語

難波の旭屋書店で『デイリー日タイ英辞典』を購入。

グローバル化

今日からタイからの留学生5名が「現代思想」の講義に参加。おのずと話し方が変わる。

道具

インターネットエクスプローラ―がときどきに止まる。インターネットエクスプローラーが悪いのか、コンピューター自体が古いのか。

考え方

やる気や集中力のなさも、対応すべき課題として前向きに捉えたい。

季節

梅雨が来る前に洗濯槽の掃除。

授業

一時間目、のびのび。三時間目、まあまあ。四時間目、へとへと。中高年に一日三コマはきつい。

業務

進学説明会で梅田の阪急グランドビルへ。梅田は難波よりシック。

ルイボスティー

なんばシティーの成城石井で、毛細血管を強化する効果があるというルイボスティーを購入。味が何かに似ていると思うが、その何かがわからない。

叱る

授業中に学生を叱る。もっと切れ味よく叱りたい。

勉強法

カードだけでなく、読書ノートも取ることにしようと思い、大量のルーズリーフを購入したが、いまだ実行できず。

帰阪。帰りの車中の読書は原彬久著『岸信介』。面白し。

お国柄

フランスの大統領候補の公開討論会で、マクロン候補がルペン候補に向かって「あなたのような負け組を・・」と発言していた。傲岸な感じがいかにもフランスのエリート。

ドラマ

李朝の草創期に材をとった韓国歴史ドラマ『六龍が飛ぶ』は相当に面白い。大阪に帰ったら、レンタルDVD屋に行こう。

権威主義

警察庁の刑事局長の「弟君」探偵のドラマを5分ほど鑑賞。水戸黄門と同様、権力者をより高位の権威によってやり込める快感が売りなのだろうが、水戸黄門にはない嫌味を感じる。

城下

岡崎市に唯一残ったまともな古本屋で絶版本購入。ついでに、お城の藤棚鑑賞。

ドイツ語

今読んでいる本で紹介されている研究書を古本で注文。 その古本の状態を記述する言葉の意味の詮索に時間をつぶす。辞書に載っていないが、「軽くlagerspurigだが、その他の点では綺麗」という文脈と、LagerとSpurという構成要素の意味からして、「在庫だった…

生命力

墓参。彼岸の高野槇、なお健在。

帰省

帰省。名鉄の窓ガラスがUVカットとなったことを発見。

新緑美し、新茶イマイチ。

授業

連休前の授業終了。今期の授業は我ながらのびのびとできてる。去年の授業でソクラテス・孔子・ブッダの勉強をしたのが力になってるように感じる。

校風

大学基準協会の実務説明会で関西大学に出張。関大生はどことなく庶民的なところがよい。

メニュー

無印良品食堂のカレーライスのルーは確かに美味しくなっている。が、ライスが団子になってしまっているのはいただけない、切りたんぽじゃあるまいし。 なお、ケールのサラダは絶品。野趣がある。

KJ法

基礎ゼミは、先週のゴマ豆腐作り体験をもとに、KJ法の紹介と練習。なぜだか上手くいった。

スギナ

除草シートで日光を遮断すれば雑草は生えない、という常識はスギナには通用しない。奴は除草シートに下に地下茎を張り巡らし、シートを突き破って生えてくる。

メニュー

なぜかズッキーニ安し。で、久々のラタトゥィユ。

歯医者で歯のメインテナンス。特に異常なし。

携帯電話

私が携帯電話で行う主要な作業は、迷惑メールの削除。「メールの削除が成功しました」という迷惑メールまでいただくようになっていたが、削除を続けていたら、ここ数日何も言ってこなくなった。継続は力なり。

紅茶

英国屋の有機栽培ダージリンティーはなかなかいい。難波で買えるということも便利でよい。

甘味

難波サテライトでの授業の日なので、夕食は外食。いつもの店で、以前から気になっていたプリンをデザートに注文するが、濃厚なプッチンプリンのような味で、ガッカリ。糖質制限原則を破った甲斐なし。

食育

今日の人間学科基礎ゼミは、民俗調査と合同で、食文化の体験講義。高野山の三大ゴマ豆腐屋さんの一つ、角浜さんが出張で、ゴマ豆腐づくりを教えてくださった。学生諸君の作ったゴマ豆腐はトロ~ンとしていて美味しそうだった。ゴマをすればするほど食べる人…

学術的業務

論文査読結果を依頼元に送付。

walking dictionary

先日注文した電子辞書が入荷したという連絡を受け、どうせ火曜には難波に行くというのに我慢ができず、電車に乗って取りに行く。これからは、小学館の大独和とジーニアスの大英和だけでなく、ロワイヤル仏和とDudenの独独辞典まで通勤に携行できると思うと、…

狭山池の桜も終わり。

メニュー

夜は、キャベツを使った八宝菜。味の決め手はオイスターソース。

空き時間

5時半に起きて一時間目の授業に来たところ、誰もいない。後期の時間割と勘違いした。予定外の空き時間は研究室で、昨日難波で買ってきたオーガニックのダージリンティーを淹れ、マリア・カラスを聴きながらフランス語の動詞活用の復習。

独仏語

難波サテライト教室で社会人コースの授業の前に、ヤマダ電機へ。手持ちの電子辞書にフランス語辞書を追加するつもりだったが、機種が古いので手順が複雑であることが判明。結局、Dudenの独独辞典まで掲載されている最新型の魅力に負け、フランス語辞書のSDカ…

構造主義

「現代思想」で新学期の授業スタート。今年は、レヴィ・ストロースとフーコーの名を知っている新入生がおり、少々びっくり。

季節

パジャマを冬物から春・秋ものへ。

5月、ちくま学芸文庫に野田又夫『西洋哲学史』。いいぞ、ちくま学芸文庫。

語学

春には心が乱れやすく、心を静めるには語学がいいというので、今月をフランス語強化月間とし、フランス語文法の復習に勤しむこととする。