漫録

哲学教師の日々の雑感です。

『ビブリア古書堂の事件手帳』、巻を追うごとに面白くなってきたのはなかなかたいしたものだと思うが、再読したくなるような感じはない。登場人物にあまり厚みを感じないせいだろう。で、五巻セットで売りはらう。

広告を非表示にする