漫録

哲学教師の日々の雑感です。

教師業

非常勤先の学生さんには、どこか「よその子」感があり、なかなか厳しく接することができない。先週も、授業の後半が少々騒がしくなっていたのを放置してしまった。

しかし、授業の秩序を保つのは教師の責任だと反省し、今回は秩序維持に乗り出す決意をした。具体的には授業の最初に、教室が他人と共有する公共空間であり、互いの権利を尊重するのが公共空間でのマナーであり、それを守るのが「大人」であることを説明した。もしそれでも私語するようなら「強権」発動するつもりだったが、見違えるように静かになった。なにより、学生さんたちが言葉でわかってくれたのが、嬉しかった。

後悔と反省と一歩前進、未熟な教師の日常である。

広告を非表示にする