漫録

哲学教師の日々の雑感です。

紅白歌合戦で観たエグザイルの弟分の踊りがかっこよかったので、Uチューブで再鑑賞し、その歌詞の余りの内容のなさに、ある意味で感心する。メロディー、声、ダンスといった身体性のレベルを堪能するには、かえって歌詞に意味などないほうがいいのかもしれない。とするなら、「人生一度きりだから、夢をつかみたい」というような恥ずかしい歌詞はやめといたほうがよかったような気がする。あるいは、このかすかなダサさがある種の親近感を演出しているのか。

広告を非表示にする