漫録

哲学教師の日々の雑感です。

待望されて久しかったヘーゲル全集第二巻だが、原価で478ユーロ、現在の為替レートで単純計算すると6万5千円、洋書屋は余裕を持たせた値段をつけているのでたとえば丸善では10万円、この遠慮のない値段に圧倒され、さすがに購入を躊躇していたが、ドイツの密林の古本屋で298ユーロで売られているのを発見し、なお若干のためらいを感じつつも、注文。これでも一応専門家の端くれだから、しかたなし。

広告を非表示にする