漫録

哲学教師の日々の雑感です。

映画

50代最初の映画として、『ハンナ・アーレント』鑑賞。傑作。「悪の凡庸さ」は他人ごとではない。

ハイデガーを研究している友人はハイデガーがあまりに小人物として描かれていると感じたそうだが、私は何の違和感も感じなかった。

広告を非表示にする