漫録

哲学教師の日々の雑感です。

煩悩

今日は授業で、学長さんのお寺である大円院を見学。柳原白蓮の歌、「鶯は 大円院で今日もなく 一切煩悩皆空なりと」、に感銘を受ける。男に会いたいあまり鶯になってしまった娘、その鶯が煩悩の空なるを鳴く――煩悩を通り抜けた果ての空、あるいは恋の儚さへの諦念。

広告を非表示にする