漫録

哲学教師の日々の雑感です。

師恩

いろいろなことを思い起こすと、涙があふれてくる。あれだけお世話になったのだから当然だ。しかし、先生は決して自分を失わない方だった。感情に溺れるようでは、先生の前に申し訳がない。

広告を非表示にする