漫録

哲学教師の日々の雑感です。

師恩

ここしばらくヘーゲルの論理学ばかり読んでいたので、バランスをとるためにヒュームの『人間本性論』を原文で通読してみることにする。ガイドはもちろん故木曽好能先生の邦訳書。私は学生時代、木曽先生の『本性論』のゼミに出席しなかったが、こうして書物を通して30年ぶりにご指導を受けることができるのは幸いというほかない。

広告を非表示にする