漫録

哲学教師の日々の雑感です。

授業準備のために読んだ本に感銘を受ける。朴一功『魂の正義』。プラトンは流し読みしてもそれなりに面白いが、ここには全く別水準の読みがあり、それは哲学だけが持つ面白さを感じさせる。哲学の古典はここまで読まないとダメと、気合を入れていただきました。

広告を非表示にする