読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

漫録

哲学教師の日々の雑感です。

言葉

小雨の中、古紙リサイクル成功。

「すこしでも、その言語を学んだ文化と、そうでない文化とでは、あきらかに理解の程度がちがう。たとえば、チベット語はほんのすこし勉強したが、ネパール語はまったくやらなかった。そのために、おなじネパール国のなかでもチベット系文化のほうがわたしにとっては、みとおしがきくような感じがする。」梅棹忠夫

梅棹忠夫は20国語とかかわったそうだ。私がここから受け取る教訓は、語学の勉強は気楽に始めればよい、ということである。

広告を非表示にする