読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

漫録

哲学教師の日々の雑感です。

『善の研究』

断捨離のために要らない本を選別しようと、森見登美彦四畳半神話大系』を取り出すと、付箋紙が貼ってある。

〈小津と私の二人で雨の日も風の日も、哲学の道の冷たい石のベンチに腰かけて、西田幾多郎善の研究』を読み耽り、「つまり知覚は一種の衝動的意志であり」云々とわけもわからず議論していたことがある。京都の観光資源たらんとしたのである。…「我々の有機体は元来生命保存のために種々の運動をなすように作られている」というあたり、小津が「生命保存のための運動…」と呟いて卑猥な笑みを浮かべ、むやみと興奮した。おそらくY染色体に由来する破廉恥な想像に眩惑されていたのであろう。日がな一日、哲学の道のような閑静な場所で分かりもしない哲学書を読まされたせいで、小津の暗い衝動は熟れた巨峰のごとくはち切れんばかりになっており、『善の研究』は「技巧的下ネタ大全」と化した。〉

この本は残すことにした。

 

 

広告を非表示にする