漫録

哲学教師の日々の雑感です。

夢の中の他者

教授会らしき会議で、

学長;「では、学科の名称も変えるということですか」

A准教授;「わたしはそれも厭わないということです」

わたし(さっきの発言はそんなことまで含意していたのか、と内心の声)

――という夢を見た。夢の中の他者の発言について、後からその真意を悟るというのが面白かったので、記録する。

広告を非表示にする