漫録

哲学教師の日々の雑感です。

前野隆司『無意識の整え方』は面白かった。特に、「オブザベーション(観察)をするとき、仮説を持ち過ぎず、感覚を鋭敏にして、ただ受け入れ続けていると、いい発想にたどり着く」というデザイン・シンキングの考え方は、参考にしたい。

広告を非表示にする