漫録

哲学教師の日々の雑感です。

風邪静養中に読んだ貴志祐介『硝子のハンマー』は、後半が特に面白かった。

広告を非表示にする