漫録

哲学教師の日々の雑感です。

読書法

清水幾太郎は『本はどう読むか』では、大学ノートに主観主義的読書メモを取っていると書いているが、岩波新書『私の読書法』所収のエッセイでは本そのものをノートがわりにしていると書いている。自分の経験から考えて、彼が実際にやっていたのは後者だったのではないか、と推理する。

広告を非表示にする