漫録

哲学教師の日々の雑感です。

テキスト

マイナー社哲学叢書のヘーゲル法哲学』の新版が出版。2013年にも大全集に依拠した新版が出ていたが、今回「初めて」大全集と同じテキストを提供すると序文にあるので、2013年版には何か問題があったのかも。それはともかく、私にとってなによりうれしいのは、2013年版はノリ製本だったのが、今回の版は糸綴じになったこと。哲学のテキストはタフでなければならない。

広告を非表示にする