漫録

哲学教師の日々の雑感です。

職業

授業の資料作りで本をコピー。現代語訳『古事記』、本居宣長『鈴屋答問録』、志賀直哉『城の崎にて』、志賀直哉「ナイルの水の一滴」、全部自宅にあってよかった。この職業、やはり本は持っているにしかず。

広告を非表示にする