漫録

哲学教師の日々の雑感です。

石原千秋『学生と読む『三四郎』』はとても面白い。大学教員の仕事をまじめにこなすとはどういうことかがよくわかる。我が身を振り返るべし。

広告を非表示にする