漫録

哲学教師の日々の雑感です。

祭り

古紙リサイクル成功。
いつものように散歩に行くと、狭山池では狭山池祭りなるものをやっていた。焼きそばをつくるテント、踊りの舞台、遊歩道沿いで生演奏する高校生――神のいない現代の祭り。
そんなものを見ながら歩いていると、背後の会話が耳に入った。
「頭だけで38キロ…」「違うて。頭だけで280キロあるって。こんな大きくて、アンが詰まってるんやから」
小学校高学年と思しき少年二人の議論であった。
平和だ。

広告を非表示にする