漫録

哲学教師の日々の雑感です。

なぜアウグスティヌス著作集を処分するのか。これからも縁がないと考えているのではなく(ないかもしれないが)、新訳だと思って買った『神の国』が著作集版のただの組み直しで、重複したため。ただ、著作集では5冊だったのが、2冊にまとめられたので、スペースの節約にはなった。

広告を非表示にする