漫録

哲学教師の日々の雑感です。

軍隊は凶器なのだから、使い方にはよほど慎重であるべきだ。その点で、シビリアン・コントロールを緩める、今回の防衛省設置法改正案は心配。もちろん法律というものは、運用主体がしっかりしていれば、少々変な内容でも問題ない。しかし、私の目から見てすら「お子様」な感じの政治家先生が増えている昨今、自制心のない中学生にナイフを渡すようなことになりそうで、怖い。いずれにしても、法で自分を縛るという知恵を理解していないような人に政治家になってほしくない。

広告を非表示にする