漫録

哲学教師の日々の雑感です。

仕事

授業でソクラテスブッダ孔子を取り上げたことが、哲学というものの原点を再考するきっかけになった。年末年始に書いた論文にはそれが少しだけ出ているが、この観点から、ヘーゲル哲学を見直してみたい。

広告を非表示にする