漫録

哲学教師の日々の雑感です。

碁盤の目

夜で少々酔っていたとはいえ、13年も住んでいた京都で、西に進んでいるつもりが、南に下っていた。

広告を非表示にする