漫録

哲学教師の日々の雑感です。

久しぶりに開高健オーパ』を読む。

私の父は本など読む人ではなかったが、私がリヴィングに置き忘れたこの本を読みふけっていたことがあった。大人の男の中にいる少年、遥かなる森や川を求める心が慰められる。

広告を非表示にする